Le Chevalier du Lion d'Or

ル・シュバリエ・デュ・リオンドールで起こる日々の出来事・・・
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Can't Go Home Again,Baby


比べてみよう。



ここにあって、アベイ・ドゥ・サン・アルセーヌに無いもの。
ここにあって、ラ・トリステス・ドゥ・レトアールに無いもの。
ここにあって、ル・シュバリエ・デュ・リオンドールに無いもの。



「まぁ・・・そりゃあ・・・」



ベッドから起き上がり夢うつつ半ば。
まだ重い体を引きずって窓を開け放つ。
身体を突き抜けていく強烈な香り。
風が、空が、太陽が。
ここが今まで過ごした場所とは違うと通りすがりに怒鳴っていく。



「海・・・見える所だろうな」



なにせここでの目覚ましは、
鼻腔から体をくすぐる典麗な紅茶の香りでもなく、
規則正しく訪れる執事の挨拶でもなく、
ましてやその執事を館中に響き渡るような大音声で呼ぶ弟でもない。



「波音で目が覚めるって・・・いやぁ・・・」



そりゃあ危ない薬を使われたり、
食い意地の張った幼馴染みのいびきで起こされるよりは・・・
まぁ、ずっと良いものなんだろう。

それにしても・・・



「ん〜、思えば遠くまで来たものだぁ〜」



まだ幾分かまとわりつく眠気を払うように体を思いきり伸ばす。
伸ばした腕の先には水平線に満ちた大海原が広がっていた。
それを掴んでみようと試みても、掌に海が収まるはずもなかった。



脱力して窓辺にもたれる。
この大海の向こう側にはヴィスラーマ王国がある。
身を乗り出そうが目を細めてみようが、決して見える事はないのだけれど。



「でも・・・確かにこの海の向こう側から来た」



ウィルマ様が所有する別邸の一つ。
故あってヴィスラーマを出立することになり、流転を経て現在はここにいる。
勿論、これもまだ目的地に向かって移動している最中であり、
定住を目的とした滞在ではない。



「アルセーヌ、レトアール、リオンドール、ネフィラ・クラヴァータ、
 ヴィスラーマ・・・はは、まるで宿無しの犬だな」



物心ついた時から様々な環境で、様々な人達と居住を共にしてきた。
仄暗く影を落とすような辛い想いをした事もあった。
しかしどの場所でも、かけがえのない大切な人達に会う事ができた。



そして・・・その人達に対して共通して言える事がある。



「ちゃんと・・・別れを済まして出てきたわけじゃないんだよなぁ・・・」



だからなのかもしれない。
どこか緊張している。
目的地に対して、回れ右して海を泳いでいきたいような気持ちになっている。



初めて、なのだ。
帰っていくという事が。



なんと言うべきなのだろう?



「ただいま」なのか「ご無沙汰しています」なのか。



どんな顔をしていればいいんだろう?



「会えて嬉しい」なのか「帰ってくるつもりはなかった」なのか。



「んん゛〜・・・」



ヴィスラーマを出立してから何度となく試みる想像。
幾通りもの再会のシミュレーション。
けれどそのどれもが都合がよい気がして、胸に収まる事はなかった。



「・・・ドーソン家を継ぐより、難しい」



寝癖で乱れた髪を無造作に掻きむしる。
考えていたって仕様がない。
着いてから考えようとこの旅に出て何度目かの決心を固め、
一人でいるよりはいいかと部屋を出る事にした。
| 次男 クライド・ハンニバル・ドーソン | 17:00 | comments(0) | - |
Greater-Glitter


ヘンリー!

ヘンリーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!



全く!

主人が大一番の決断をしたっていうのに、
どこにいるんだよ!?

トシで耳が遠くなっちゃったのか!?



せっかく、ねふぃら・くらばーた から無事に帰ってきたっていうのに!

それにしてもあの バケモノ は凄まじかったな…


いや、そんなことは置いといて!


あのバケモノの話によると、クライド兄さんは
ヴィスラーマというところにいるらしい!

だったら僕も行くしかない!



ちょうどよく、何をしに我が家へ来たのか知らないけれど、
ヴィスラーマからやってきたという嫌味ったらしいヤツに会うことができて、

ヴィスラーマへ行く方法も聞き出せたし!



僕の記憶が正しければ…


まずは馬車で、シーゲンナヌマーラー(?)とやらに向かい、
そこから船で、アルマゲドン(??)という場所に向かい、
もう一回船に乗ったり…乗らなかったり?
どっちでもいいか

そこからは、馬かラクダがいるから、
そいつらに乗れば、王都まで連れて行ってくれるらしい!


なるほど…
単純明快だな!



船にラクダかぁ…

どんなところなんだろう、ヴィスラーマは!

美味しい食べ物がたくさんあるといいなぁ!



よし、そうと決まったら、さっさと旅の準備を済ませて…



トランク! OK!

マクラ! OK!

パンケーキとオレンジジュース! OK!

リトル・ベニー! OK!

ビッグ・ベニー! 先にヴィスラーマへ送る! OK!

ヴィル! OK!



ヴィルのやつは、父上に叱られるとかどうのとか言ってたけれど
そんなん OK!



よ〜〜〜し、準備万端だ!




いざ!

ヴィスラーマへ!!!




さあ!

出発だーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!










…シーゲカンスって

どっちだ???
| 三男 アルヴァ・グスターヴ・ドーソン | 17:00 | comments(0) | - |
旅の守りの


おいアルヴァ、本当にテラス窓から入って大丈夫なのか?

と、いうかパーティがあるのにネフィラ・クラヴァータに行ったのか?


おいアルヴァ、人の話を聞けって…

こらアルヴァ、ヘンリーだって忙しいんだから…


ああ、気にしなくていいよ、カラム。



おいアルヴァ、、え?ヴィスラーマ?

まあ、長旅で大変だろうけど気を付けてな。


…!?

ちょっと待てアルヴァ、僕は行かないぞ?

ああエミール、気にしなくて大丈夫…


あ、こらアルヴァ、そんなに騒いだら迷惑だろ?

え、よりによってヴィスラーマの…?


アルヴァ、待て、話をよく聞いてたか?

シーゲンターラーまで馬車で5日!

いやアルヴァ、シーゲンターラーはヴィスラーマじゃないからな?

そこから船で3週間…っておいアルヴァ、人の話を…!


おい、アルヴァ…


待てアルヴァ!その大きなぬいぐるみは必要なのか!?



…はあ、きっとこれは悪い夢だ…。
| ゲスト ヴィルフリート・イェルマイン・シェーンハルス | 17:00 | comments(0) | - |
Working hours!


全く、アルヴァ様も困ったものだなぁ・・・


「さっさとヘンリーを連れてこい!
でなければお前もクビだ、クビーーーーっ!!」

なーんて言うもんだから、急いでヘンリーさんを連れてきたのに。

途方に暮れたご様子のヴィルフリート様しかいないじゃん。


仕方ないからヘンリーさんと別れて、お茶を片付けに行ったら、

今度は大荷物・・・より大きなクマを抱えたアルヴァ様が

「カラム!今すぐにトランクを持ってこい!!
それからビックベニーが入る袋もだぞ!今・す・ぐ・だぞーーっ!!」

―だってさ。


そんな大荷物でどこに行かれるんだろう?

いや、それより、あんな大荷物、どうやって運ぶつもりだろう。

はぁ、次は何を用意しろって言われるのかな・・・・・・


うーん・・・・



・・・


・・・・・



・・・・・・まっ、いっか!!



あんまし深く考えたって、アルヴァ様の行動は読めやしない。

どうせそのうち、

「疲れた!カラム、お茶が飲みたい!!」

なんて言い出すだろう。



おっ、いいタイミングでショーナ発見!


なぁ、アルヴァ様にお茶の準備をしてもらえるかい?


僕は・・・大きなトランクを探しに行ってくるよ!
| 従者 カラム・ダンカン・エアーズ | 17:00 | comments(0) | - |
Good-bye older brother…


「いつお戻りになられるのですか…?」



そうだね…いつか聞かれると思っていたけど、ティルダから聞かれるなんてね…。



でも……



ごめんね。ティルダ…。僕はもうここに戻って来ることは出来ない…。だって僕は…







…ううん。やっぱり何でもない。




そういえば、アルヴァ兄さん…痩せてたなぁ…あの誕生日パーティー以来…そっか、数ヶ月見ないだけでそんなに変わるもんなんだなぁ…フフ…アルヴァ兄さんらしい…って言うのかな…?



今日一日だけでも色々な人達に戻って来いって言われた…皆、何だかんだ言ってアルヴァ兄さんの事が大好きなんだよね…何だか羨ましいな…。


ううん。分かってるんだ。皆が僕の事も大切に思ってくれていること…でも、やっぱりアルヴァ兄さんが羨ましい…。


なーんてシェーンハルス先輩に言ってしまったけれど…。




でも…やっぱり僕だって此処に居たい…兄様達のこと…大好きだし…でも、それは叶わない願いなんだ…




だからごめんね。アルヴァ兄さん。もう僕は傍に居てあげる事は出来ないけれど…


けど…僕以外にも周りには皆がいる。だから、きっとアルヴァ兄さんは大丈夫。







アルヴァ兄さんのこと…どうか……よろしくお願いします…。




さようなら…兄様…。
| 四男 エミール・ファビウス・ドーソン | 17:00 | comments(0) | - |
胸の中



【オータムナル】――秋摘みの茶葉を使ったタージリン
丁寧に入れた紅茶をテーブルの上に静かに置いて

「この紅茶を飲むと家に帰ってきたんだなって思うよ」

そう言って微笑まれたお顔はいつものお優しいエミール様

そう思ったのだけど
少しだけ、様子がおかしい
会話の中にふいに覗く、どこか寂しそうな声
思わず「いつお戻りに」なんて聞いてしまったけれど…

私の言葉はエミール様を悲しませてしまったのかも知れない

僕は大丈夫だからとお話しになる声が
微笑んでいるお顔が何かを堪えているように思えて

お寂しいのに元気なふりをするアルヴァ様も
ご自分のお気持ちを隠して微笑むエミール様も

普段は正反対のお二人なのに、こういうところはどこか似ていらっしゃる

胸にしまわれたたくさんのお気持ちを
私ではほんの少ししかお察しすることが出来ないけれど

「いつでもここへお帰り下さい
温かい紅茶を淹れてお待ちしております」

この言葉は、言えませんでした



すっかりぬるくなってしまった紅茶を手に
寂しいと思っていること

これは、私の胸の中にしまっておきましょう


 
| メイド ティルダ・マージェリー・イングラム | 17:00 | comments(0) | - |
This is the day-to-day


ダニエル様とエミール様が帰ってこられたおかげなのか
メーベルさんが随分浮かれた様子で
お菓子がふんだんに盛られた器を手に
廊下でスッテプ踏んでいたのだけれど
あれはきっとアルヴァ様にお出しする為のお菓子よね
でも、アルヴァ様ったら今日はお出かけになられているのよねぇ
メーベルさんは知らないのかしら...?



なんて考えてたら
お出かけになられていたはずのアルヴァ様が
いつの間にかお帰りになっていて驚いたなぁ
ヴィルフリート様もご一緒だったし
なんだかヘンリーさんをすごい剣幕で探しているようだし
一体、何かあったのかしら...?

う〜ん、まぁ
アルヴァ様がヘンリーさんを呼ぶのも
ヴィルフリート様がいるのも
いつものことと言えばいつものことかなぁ♪

お仕事してこよっと!
| メイド ショーナ・チャーミアン・マーシャル | 17:00 | comments(0) | - |
In a happy mood













ハァ……






メーベルパワーが不足中……




ため息が出ちゃうような日々……


































だったけど!!





❤ ❤ ❤





久々の帰省!!!



ダニエル様と…!!


エミール様……がいらっしゃいました〜〜〜♪♪♪♪






麗しいお姿……



ダニエル様……眼鏡を直すしぐさ…相変わらずストイックで素敵だわ…❤


ほんのちょっとお痩せになったのかしら…???



エミール様……陽のあたる窓辺で、紅茶を飲みながら本を読む姿なんて…!!


ず〜〜っと見てしまいそうなくらい可憐……




あとは…クライド様と、お痩せになったアルヴァ様が揃えば

メーベルはもう何もいらないっ!!

きっとご飯もいらないっ!!!!




でもクライド様はいらっしゃらない……それでアルヴァ様も元気がないのね。




あら?そういえば今日は一度もアルヴァ様もお見かけしてないわ…!!!!



メーベル!!!って大きな声で呼ばれてない!!!



どこにいらっしゃるのかしら…?!




ヘンリーさんに聞くにも来客で忙しそうだし……







でもきっと、ティータイムにはお見えになるわよね!!




アルヴァ様が好きなお菓子を用意して……


御兄弟で過ごされたらいいわね♪♪♪





 
| メイド メーベル・ベアトリクス・タワーズ | 17:00 | comments(0) | - |
baisser


以前こちらに訪れたのはそう……
まだ暑い夏の最中
アルヴァ様のお誕生日パーティー以来。

今では寒さも通り過ぎて、冬を越した花が顔を覗かせています。
当たり前のように過ごしていた場所が、
こんなにも久しぶりと感じるようになるなんて。
季節が過ぎるのは、本当に早いのですね……。


あのパーティーの一件以来、こちらの様子はあまり届いてはいなかったのですが
どうやらだいぶ様子が変わられたよう。

こっそりとメイドのアメリアさんが教えてくださいました。

アルヴァ様が努力されて、以前の体型に戻られた……と。

残念ながら、お会いすることは叶いませんでしたが……
その分、随分と活発になられたようですね。

あのお姿も可愛らしかったですが、

あのままではきっと
ダニエル様は……


どうやら今回はクライド様はお帰りにはならなかったご様子。
エミール様はお元気そうで……

ええ、何事もなくパーティーを終えられたようで、少し安心しました。


ただ……

春だというのに、どうしてでしょうね。
どこか重たい空気を感じるのは……


いえ

きっと気のせいでしょう……


さあ、ダニエル様、お迎えの馬車が参りましたよ。


 
| 秘書 ブリジット・マリヴォンヌ・サルトル | 17:00 | comments(0) | - |
隙間風


ドーソン伯爵家主催のパーティーの招待状が届いた。


…既に主は死んだというのに。

その長男に、招待状が届く。


『誰が、誰に。』


意味を考えれば奇妙な便りだ。


主を失った館。


相変わらず成長を感じない弟からの、

書き殴ったような一文。

『以前の僕に戻ったんだ!』


ところが、結局弟と顔を合わせることはなく、

元々底辺まで下がりきった弟の評価は、

以前と何の変化も生じることはなかった。


母はもうこの世におらず、

父は病に伏せた。


遺された兄弟も一人また一人と館を離れていく。


果たして、この館は亡霊が動かしているのか。



…暦の上ではもう春だというのに、夜はまだ冷えるな。



さぁ、夜が明けたらすぐに帰るぞ、ブリジット。

 
| 長男 ダニエル・ブラッドリー・ドーソン | 17:00 | comments(0) | - |

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
ADMIN