Le Chevalier du Lion d'Or

ル・シュバリエ・デュ・リオンドールで起こる日々の出来事・・・
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 本日は晴天なり | main | I expected that. >>
Before the party


ふぅ・・・・・・



・・・誤算?


いや、認識していなかったわけではありません。



・・・慢心?


いえ、そういう問題ではありません。





厨房、ルーム、グレートホール、庭園、

それぞれインスペクションも終わり、

後はお客様を待つばかりだというのに・・・



肝心のアルヴァ様が館に戻られていないとは・・・!



先刻、シェーンハルス伯爵家ご子息のヴィルフリート様を伴い

お出かけになられたところまでは把握していたのですが・・・

大切な日に目を離してしまうとは・・・


…不覚でした。


パーティー当日に館の主たるアルヴァ様が不在では話になりません。

しかし、

寝室に愛用の枕とリトル・ベニーの存在が確認されていることから、

それほど遠くへは行っていらっしゃらないはず・・・


追っ手を差し向けるまでもありません・・・か。


帰っていらした暁には、

当分の間おやつを控えさせていただくと致しましょう。






本日のこのパーティーに

暫くぶりにダニエル様とエミール様がお揃いになるのは

大変喜ばしいことではございますが・・・


結局、

クライド様からは招待状の返事が戻ってくることはありませんでした。



シェーンハルス伯爵家やネフィラ・クラヴァータなど、

各地でのクライド様の情報は把握しているのですが、

ここしばらくの消息は把握できていません。


こちらの問題の方が

当家にとって懸念すべき事態であるといえそうです。





そういえば…

本日は珍しいお客様がご来館されます。

何がしかの手がかりが得られるかもしれません。



さて・・・、準備を急ぐとしましょう。


 
| 執事 ヘンリー・テオボルト・ワーナー | 07:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
ADMIN