Le Chevalier du Lion d'Or

ル・シュバリエ・デュ・リオンドールで起こる日々の出来事・・・
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< I expected that. | main | baisser >>
隙間風


ドーソン伯爵家主催のパーティーの招待状が届いた。


…既に主は死んだというのに。

その長男に、招待状が届く。


『誰が、誰に。』


意味を考えれば奇妙な便りだ。


主を失った館。


相変わらず成長を感じない弟からの、

書き殴ったような一文。

『以前の僕に戻ったんだ!』


ところが、結局弟と顔を合わせることはなく、

元々底辺まで下がりきった弟の評価は、

以前と何の変化も生じることはなかった。


母はもうこの世におらず、

父は病に伏せた。


遺された兄弟も一人また一人と館を離れていく。


果たして、この館は亡霊が動かしているのか。



…暦の上ではもう春だというのに、夜はまだ冷えるな。



さぁ、夜が明けたらすぐに帰るぞ、ブリジット。

 
| 長男 ダニエル・ブラッドリー・ドーソン | 17:00 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
ADMIN