Le Chevalier du Lion d'Or

ル・シュバリエ・デュ・リオンドールで起こる日々の出来事・・・
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 嵐が近い | main | 当たり前の境界線 >>
2:51 AM


ああ、またこの夢か。



嵐の夜


暗い廊下の一番奥


鍵の掛けられた部屋


誰かの声が聞こえる部屋


怖くて


動けないでいると


部屋の扉がそっと開く


見てはいけないと思いながら


覗き込んだその先には


血だまりと


見知らぬ一人の女性


光を宿さない瞳で私を見て


哀しそうに微笑うその顔は


「ごめんなさい」


私の母と同じ顔だった
| 長男 ダニエル・ブラッドリー・ドーソン | 00:50 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
ADMIN