Le Chevalier du Lion d'Or

ル・シュバリエ・デュ・リオンドールで起こる日々の出来事・・・
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 誰が為の・・・ | main | rumeur >>
冬の訪れ
 

うん!!
やっぱり僕んちのクレープが一番美味しい♪
ローズマリーも呼んで正解だったね!

なんだいアルマン、
こんな夜のお茶の時間まで勉強かい?


え、速達の手紙が届いた?
またパーティーかな??

えーと。


『この度の騒動の件については…』



なんだ…ダニエル兄様からか……。


アルマン!
これ、適当に返事でも出しておいてよ。

自分で書けって?


はぁ…面倒くさいな。


騒動とやらに巻き込まれるのはもう懲りごり…

久しぶりに行った途端にあんな事件に出くわすなんて、本当についてないなぁ



この週末が終わったらすぐ学園に戻るんだけどさ

アルヴァやエミールは…

特にアルヴァ。これからどうするんだろ?

これから監督生になるというのに、
あんな状態じゃ学園にはまだ戻れないんじゃないかな?


ヴィヴィアンもこれで暫く会えなくなりそうだし…


はぁ〜〜〜〜〜


ま、僕が考えても直接関係ないからね!
ガスパール叔父様達に任せておこう!!


…でしょ?アルマン。
さて、寒くなったし早く寝よっと!

返事はまた明日ね!
じゃ、おやすみ〜


〜〜♪



コックロビンは誰が殺した?




「それは私よ」



雀が言った。
| ゲスト マイケル・モーリス・ハウエル | 21:26 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
ADMIN