Le Chevalier du Lion d'Or

ル・シュバリエ・デュ・リオンドールで起こる日々の出来事・・・
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Brother | main | 縁 >>
思惑


―――歯車が一つ。孤独に回っていた。


他にはいくつもの歯車があるが、繋がっていないのか静かに静止していた。
そのいくつもの歯車の先には固く閉ざされた扉。

繋がらなければ永遠に閉ざされたはずの扉。
決して知りえないはずの扉の向こう側。


だが――その足りない歯車が、今、何者かによって繋がれた―――


果たして彼らは開かれた扉を前にどうするのだろうか?
どうする?―――いや、答えは既に出ている。

何故なら他の扉は既にないのだから―――





さて、我ながら順調に事が進んでいる。ことエミールに関しては。
真実を知った彼はもはや自制心が崩れ、彼の中の選択肢が極端に狭まったはずだ。
そうなれば、あとはもう時間の問題だ。

そう、彼は私のもとへ必ず戻ってくる。
そうでなくてはならない。

―――すべては、あの方の思惑通りに。




だが、ここに来てイレギュラーな事態が起きた。


サリヴァン・ブラッドリー・ドーソンの死・・・
クライドに感づかれることはマリカの存在の時点で既に想定はしていた・・が。
まさか、サリヴァン様がお亡くなりになるとは・・


亡くなられた?―――いや、殺されたの・・か?


だとすると、一番に疑われるのはまず長男のダニエルだろう。
ここのところ独断で行動することが多々見られる。
それどころか水面下でドーソン伯爵家やマードック伯爵家の人脈や権利を全て握ろうとしているフシもある。
今回のパーティーにしてもドーソン家の息のかかった貴族たちばかり集められていた。



権利をすべて握るなら最高の舞台だ―――



―――が、どうにも腑に落ちない。あまりにも出来すぎている。

サリヴァン様を殺せばダニエルとしては優位に動くことは確かだ。
だが、そうまでする必要性が果たしてあったのだろうか?
しかも、これではまるで自ら殺人をしたと自白しているようなものだ。

しかし、だとすると一体誰が?何のために…



―――もしや、既に我々は何者かの手のひらで踊らされてるのでは?





・・・今はまだ答えが出ないだろう。だが、いずれは。
一先ず報告しなければならないことが山積みだ。

私は手紙という名の報告書に向き合い、思考を巡らせていた間に止めていたペンをまた、走らせた。
| 従僕 コナー・ファーガス・グランディ | 07:45 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
ADMIN