Le Chevalier du Lion d'Or

ル・シュバリエ・デュ・リオンドールで起こる日々の出来事・・・
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 縁 | main | 面影の少年 >>
優しい微笑み


 あっちゃ〜。

また、ヘンリーさんに怒られちゃったよ。

こないだのパーティーの時にマリカちゃんを見つけて、お願いしたいことがあったから、声をかけたら逃げられちゃってさ?

追いかけてったら、ヘンリーさんに見つかってしまってまたお説教だよ…。




でもヘンリーさんは…僕が小さい頃からずっと、孤児だった僕のことをいつも心配して、様子を見に来てくれてね。

ご飯や洋服を持ってきてくれたり、仕事を紹介してくれたり。

いつも、怒ってばかりだけど。

最後には、いつも必ず…「これからも期待しているから、一生懸命頑張りなさい!」って僕の目をまっすぐに見て、微笑んでくれるんだ。

その笑顔を見るたびに、孤児だった僕を助けてくれたヘンリーさんのためにも、一生懸命頑張ろうって思う!

相変わらず、失敗は多いんだけどね?





それにしても、パーティーの時にまさかサリヴァン様が…。

ヘンリーさんもあれからずっと浮かない顔をしているし。

今後、このお屋敷はどーなってしまうのだろう。


寡黙で近寄り難い、ダニエル様…ご婚約されたって話を聞いたけれど。

クライド様は、最初はとても怖いのだけれども、時々すごく優しい眼差しを向けてくれる。

………。

まぁ、いろいろ考えても仕方がないよね?

僕には、僕のできる仕事をやろう!

ヘンリーさんの評価に恥じないためにもね!!

| 従僕 ヒューイ・レイバン・マッケンジー | 11:17 | comments(0) | - |
コメント
コメントする










SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
ADMIN